STORY

私たちの毎日

SALES

対談Vol.1「営業・山本匠さん×採用・切田勝也さん」

アソウ・アルファでは、1人のエンジニアに対して、営業担当や採用担当、教育担当など複数の担当者の視点で見守り、寄り添っています。普段、エンジニアを見つめながら、どんなことを考え、どんな点を心がけて仕事をしているか、担当者へのインタビューを通して、皆さんにお伝えしていければと考えています。

「アソウ・アルファで働きたい」と思ってもらうための第一歩は採用担当との接点

切田:山本くんは、2020年にキャリア採用でアソウ・アルファに来てくれたんだよね。約1年経とうかとしているけれど、仕事には慣れたかな。

山本:切田さんをはじめとした、同僚の皆さんが支えてくださるので仕事は楽しめるようになってきました。入社して早々にリモートワークが導入されたので、以前より一層コミュニケーションを大切にしています。私は営業担当として、アソウ・アルファに内定して一緒に働くことになった技術社員と出向先をつなぎ、出向先で働きはじめてからはこまめに面談を行います。困ったことはないかをきいて一緒に解決したり、スキルアップのための挑戦できるようにサポートしています。切田さんは採用担当なので、学生さんにとってはアソウ・アルファの最初の接点ですよね。

切田:主に、東海エリアの新卒採用を担当しているよ。西日本東海ブロックの採用リーダーとして、全体の採用戦略を決めたり、社内の情報伝達ツールの制作をしたり、学生さんや内定者の方向けのイベントの企画運営などもやっているね。「就職先としてアソウ・アルファを選ぼう」と思ってもらえるようにさまざまな角度から学生さんや内定者の皆さんと接していくのが最大のミッションかな。

いろんな個性の担当がいるから、チームでエンジニアを支えられる

山本:学生さんたちと接する上で特に気を付けていることはありますか?

切田:学生さんの人生を大きく左右する仕事をしているんだという自覚と、責任を持つ覚悟を忘れないことかな。面談や説明会で話をする機会ってせっかく相手の時間をもらっているわけだから、何か1つでも有意義な情報を届けたいんだよね。できるだけ気づいた点はアドバイスをしたり、彼らの将来に役立つために何ができるか考えたりしているよ。相手の話を聞いて寄り添うことは大前提だけど、時には、耳障りのいい言葉ではなく、状況次第で相手に踏み込み、本当に実になる言葉を伝えることもある。

山本:切田さんはいつも情報を整理して、ロジカルに伝えようと意識されていますよね。私もそういう姿勢に憧れるんですが、ついつい仕事以外の話から入ったり、人柄や気持ちの部分に重点を置いたりしてしまいます。

切田:それはそれでいいんじゃないかな。学生さん一人一人に個性があるように、僕ら担当者にもそれぞれの個性や強みがあって当然。私のようにロジカルなタイプに「この人の言動は常に変わらなくて信じられる」と信頼してくれる学生さんもいれば、山本くんのように感情に寄り添ってしっかり共感・理解して話を聞いてくれる人に安心感を覚える学生さんもいるはず。アソウ・アルファは1人のエンジニアに、複数の多様な担当がつくからこそ、それぞれの良さを生かしてチームで支えられるんだと思うよ。

山本:確かに、アプローチや切り口は違えど、エンジニアに対する思いは1つですもんね。自分の個性や経験も生かして、私にできる角度からエンジニアの力になりたいです。

ひとりで悩ませないよう、一人一人のエンジニアに寄り添うことを大切に

切田:山本くんが学生さんに「これはしっかり伝えたい」と思うことはあるかな?

山本:「この会社でがんばりたい」とか「この人と仕事をしてみたい」とか、何でもいいから働く上で自分にとって大切なポイントを見つけてほしいです。仕事って、スキルや待遇ももちろん大事ですが、チームで進めるから相性や、誰かに協力したくなる気持ちも大切ですよね。どんな仕事や職場でも「しんどいな」と思う場面ってありましたが、そんな時に助けてくれたのが、僕の場合は同僚の言葉や先輩の支えでした。

切田:さっき学生さんに寄り添うって話してくれたけど、山本くん自身も先輩や仲間に寄り添ってもらうことが力になっていたんだね。

山本:そうですね。1人で悩んでいたら煮詰まってしまうけど、周りに話すことで新たな気づきがもらえたり、ちゃんと“報連相”をしていたおかげで助けてもらえることもありました。だから、自分が仕事をする上で“報連相”ってとても大事で、チームのためでもあるけど、自分のためにもなるんだってことがわかったんです。

切田:確かに、それはその通りだね。私はエンジニアとしての経験もあるんだけど、エンジニアは、決して楽な仕事ではない分、達成感は何物にも代えがたいんだよね。常に努力が必要だし、1人でできることも限られるから周囲との連携も大切。だからこそアソウ・アルファでは、営業・教育・先輩社員の3者間でフォローしている。山本くんみたいな頼もしい営業担当が見守っていたら、きっとみんな安心して相談できると思うよ。私たち採用担当が多く関わってアソウ・アルファで活躍できそうと思った新入社員のことをこれからもよろしくね!