KATSUYA KIRITA

やりたいことと天職は同じじゃなかった!
輝くはずのものを輝かせてあげたい!
苦労して努力したからこその人財育成。

機械系
切田 勝也2007年入社
KATSUYA KIRITAKATSUYA KIRITA

熊本営業所配属。新卒採用の1期として10年目を迎える。6~7社を経験し、現在は携帯電話カメラの開発に携わる。先輩がいない中、一人で模索して技術や知識を身につけた。最初に希望していたゲームの開発とは全然違う半導体という分野だが、アソウ・アルファだったからこそ、やりたい仕事には向いていないことも分かり、天職に出会う。その覚悟や仕事への取り組み方から海外での仕事も任され、後輩や社内他部署からも慕う人が多い。

アソウ・アルファだったから天職に就けた!
やりたいこと=向いている仕事ではない。

アソウ・アルファだったから天職に就けた!やりたいこと=向いている仕事ではない。アソウ・アルファだったから天職に就けた!やりたいこと=向いている仕事ではない。
アソウ・アルファを選んだ訳は?

現在は半導体関係の仕事をしていますが、最初はゲームソフトが作りたくて入社しました。ただ、何故ゲーム制作会社に行かなかったか?というと「この業界で生きていける?本当にいいの?」という疑問を持っていたからです。それで色んな分野のエンジニア経験ができる当社に入社しました。アソウ・アルファとしても、新卒でエンジニアを採用するのは初めてで、最初に配属されたのは希望とは違う分野でしたが、そのおかげでソフトウエア開発に全く向いていないことがわかったのです。これはアウトソーシングならではの特長であり、利点です。もしゲーム開発の会社に入社したら、転職せざるを得なかったでしょうからね。

「技術とはそういうもんだ」と教えてくれた上司。
手探りの仕事でも、自分で情報を掴む
能力があれば成長していける!

「技術とはそういうもんだ」と教えて
くれた上司。手探りの仕事でも、自分で
情報を掴む能力があれば成長していける!

「技術とはそういうもんだ」と教えてくれた上司。手探りの仕事でも、自分で情報を掴む能力があれば成長していける!
「技術とはそういうもんだ」と教えてくれた上司。手探りの仕事でも、自分で情報を掴む能力があれば成長していける!
一期生としての苦労はありましたか?

最初に派遣されたのは長崎の企業で、一からエンジニアを育てたいと、何の予備知識もなく配属されました。最初はとまどいましたが、「先輩を頼れないなら自分でやるしかない」と割り切って自分から情報を取りに行ったのです。今になって思えば、実はあれは教育方針で「技術とは、自分で情報を持って来るものだ」ということを教えていたのですね。出向先で、自分なりに話しやすい人を見つけては教えてもらい、認められるようになってかわいがってもらった経験が、成長させてくれました。現在は3分の1が海外での仕事ですが、今までの経験がずいぶん役に立っています。

自分が手掛けて、初めて世に出た
携帯電話を購入!
この達成感と嬉しさは
10年経っても薄れず、
いつも新鮮な感動を覚えている。

自分が手掛けて、初めて世に出た携帯電話を購入!この達成感と嬉しさは10年経っても薄れず、いつも新鮮な感動を覚えている。自分が手掛けて、初めて世に出た携帯電話を購入!この達成感と嬉しさは10年経っても薄れず、いつも新鮮な感動を覚えている。
仕事を通じて、
どんなやりがいを感じていますか?

右も左もわからず飛び込んだ半導体の分野でしたが、私が手掛けた携帯電話が初めて商品として販売された時は自分でも買いました!街でその携帯を使っているユーザーを見かけると、本当に嬉しいですね。その思いは10年経っても薄れることなく続いています。自分の仕事を誇りに思える瞬間だからです。一期生として、先輩のいない苦労もしましたが、考え方によってはある意味チャンスだった訳で、自分の方法で世界を広げることができました。それは、半導体業界にいたから広がった世界です。先輩に恩返しするためには、自分がさらに力を付けて、後進の育成をしたいと思っています。

さらに技術を磨き、後輩エンジニアを教育したい。もっと門戸を広げて、人を輝かせ、任せてもらえる人財になりたい!さらに技術を磨き、後輩エンジニアを教育したい。もっと門戸を広げて、人を輝かせ、任せてもらえる人財になりたい!

さらに技術を磨き、
後輩エンジニアを教育したい。
もっと門戸を広げて、人を輝かせ、
任せてもらえる人財になりたい!

10年経験して、今後目指すところは?

これから新卒でエンジニアを目指して入社する後輩たちも、分野によって向き不向きがあると思います。やりたいことに執着しても、向かないことでは輝くことができません。自分も上司や先輩に育ててもらったように、これからはもっと研鑽して技術を磨き、半導体のことに詳しくない後輩エンジニアを教育し、適材適所に派遣することもやっていきたいと思っています。もっと門戸を広げ、輝くはずのものを輝かせてあげたい。それが、私にできる会社や上司、先輩方への恩返しになると信じています。今は会社の体制も整っているので、バックアップも万全です。

成功から学ぶことはない。
失敗から学ぶことは無限にある。
失敗を恐れず、立ち直っていける強い人に!

成功から学ぶことはない。失敗から学ぶことは無限にある。失敗を恐れず、立ち直っていける強い人に!成功から学ぶことはない。失敗から学ぶことは無限にある。失敗を恐れず、立ち直っていける強い人に!
アソウ・アルファに向いている人は?

アソウ・アルファでは「なりたい自分」を想定して、色んな業種を経験したらいいと思います。そしてそれが可能な会社です。自分で仕事に対する覚悟ができれば、強くなれるのではないでしょうか。これは自分の経験から感じるのですが、まだ立ち直れる早いうちに、大きな失敗を経験するといいですね。成功体験は、仕事上はいいかもしれませんがあまり学ぶことがないんです。でも、失敗からは反省点や改善策を山ほど見つけなければならず、学ぶことが多いのです。積極的に失敗しろという意味ではなく、失敗を恐れず、立ち直ってきた人は強い武器を持っているということです。私は失敗を責めるのではなく、成功へのヒントを与えるようにしています。

今は恵まれているからこそ、どんどん食らいついて!
自分に何が向いているかわからない人にこそ、
チャンスが見いだせる!

今は恵まれているからこそ、
どんどん食らいついて!自分に何が
向いているかわからない人にこそ、
チャンスが見いだせる!

今は恵まれているからこそ、どんどん食らいついて!自分に何が向いているかわからない人にこそ、チャンスが見いだせる!今は恵まれているからこそ、どんどん食らいついて!自分に何が向いているかわからない人にこそ、チャンスが見いだせる!
就活生へメッセージをお願いします。

初めからやりたいことや目的がハッキリしている人は、それができる会社に行くでしょう。当社では、やりたいことはあるけど、本当に自分に向いているのかわからないと疑問に思っている人にこそチャンスのある会社です。1つの企業に入ってしまうと可能性のないことが、当社なら色々試せる訳ですから。一期生の私から見たら、今は体制も充分に整い恵まれています。分野も増えて先輩もたくさんいるので、1つくらい「違う」と思っても、自分で希望して努力していけば別の分野で活躍の場を見つけることができます。ただし、エンジニアの世界は厳しい部分もあるので、それなりの努力は必要です。先輩として、私も全力でサポートしていきます!

PAGE TOP