VOICE
社員の声

若手に教えることで、自分も成長できる。

岩形直哉 2006年7月入社

PROFILE

高専で建築を学ぶも、「自分には建築よりも開発の方が向いている」と路線を変更し、専門学校でプログラミングを学ぶ。卒業後、ソフトウェアの開発会社にSEとして入社し、携帯電話の組み込み系の開発に携わる。その後、知人からの紹介でアソウ・アルファに入社。

きっかけは働く環境の
改善、同じ業界から
アソウ・アルファへ。

アソウ・アルファの前に在籍していた会社では、組み込み系の開発業務に携わっていましたが、労働時間が長く、あまり仕事を楽しむことができませんでした。そんなとき、出会ったのがアソウ・アルファです。「就労環境が改善される」「やりたい仕事に就ける」と紹介されて転職を決めました。実際に入社してみて、働く環境は大きく改善されました。ちゃんと休みを取ることができるようになりましたし、同じ組み込み開発をやるにしても、仕事を楽しむ余裕ができました。それというのも、自分のことを理解してくれる担当営業がいつでもサポートしてくれるから。もし何か悩みがあってもすぐに相談しています。

より良いものへのこだわり。グローバル製品に携わる面白さ。

前職では旧型の携帯電話の開発に携わっていました。当時は頻繁にモデルチェンジがあり、とくにかく短納期で完成させるということが目的になっていたので、こだわりをもつことができませんでした。しかし、アソウ・アルファに転職して、カーナビやカーオーディオなどの車載系の組み込み開発に携わってからは、仕事に対するスタンスが変わりました。お客さまはグルーバルメーカーのため、国や地域ごとに製品の仕様を変えなければなりません。そのため、想定できない不具合の対応や改造なども多く発生しますが、試行錯誤できることがとても楽しいです。何よりも、自分のつくった製品が市場に出て、実際に使用されて、さらに良いものをつくっていくという喜びが「ものづくり」の醍醐味だと実感しています。

ものづくりだけじゃない、若手社員育成という面白さ。

アソウ・アルファに転職してリーダーという立場になるまでは、自分自身がものづくりを楽しむことに夢中でした。しかし、今では後輩の育成という新たな楽しみに出会いました。現在、3人チームで2人の後輩とともに業務を行っていますが、実際に仕事を通じて後輩の成長を目の当たりにするととても嬉しいです。特にアソウ・アルファは他の特定派遣の会社に比べて新卒の社員が多いことが特徴です。経験や知識は当然持っていませんが、やる気のある若手が多いのは育成する側としてもやりがいがあるものです。後輩の前では格好いい先輩でいたい、だから自分も後輩以上に勉強する。一緒に成長していける今の環境は、とても得難いものだと思っています。

閉じる